Z会幼児コースは難しい?お試し教材で分かった意外な特徴とは?

投稿日:2019-04-16 更新日:

Sponsored Link

Z会幼児コース

「Z会」と聞くとどんなイメージが浮かびますか?

東大・京大をはじめとする難関大に、高い合格実績を出している

だから難易度が高い・・そんなイメージを抱いています。

びす子
実際、高校生の頃Z会をやっていました。難しかったよぉ・・

 

 

そんなZ会の幼児コースだから、先取り学習がメインで難しいんじゃない?

 

 

お試し教材を体験した結論から言うと

難易度は低めの教材でした。

Z会幼児コース

 

なぜ、あえて難易度を低めに設定しているのか?

Z会ならではの幼児教材の特徴とは?

 

など、お試し教材を体験しないとわからなかった、あんな事やこんな事をまとめてみました。

>>Z会 幼児コース

 

Z会幼児コースのコンセプト

Z会幼児コース

Z会では、「学ぶことが楽しいと思えるような力を身につけること」を大切にしています。

 

なので、先取り学習というよりはむしろ、易しい作り

 

 

キーワードは

「あと伸び力」

 

自ら考え・学び・答えを出す経験を重ねて、「あと伸び力」をつけることを学習目的としています

 

 

「あと伸び力」とは?

何に対しても疑問を持って、自分なりに答えを見つけようとする姿勢

そして、考えることそのものを面白がる力のこと、だそう。

 

Z会幼児コース

 

教材を通して「あと伸び力」につながる、5つの経験(自信・挑戦・発見・創造・対話)をすることができます。

 

Z会幼児コースの教材はどんな内容?年齢別に紹介

Z会幼児コース

教材は、「ワーク学習」と「実体験」の2つの柱で構成されています。

年少・年中・年長のコース別にご紹介!

 

年少

「初めて」との出合いに楽しさを発見!

 

料金

  • 2,102円(毎月払い)
  • 11,976円(6ヶ月払い)
  • 21,432円(12ヶ月払い)

 

教材内容(3種類)

かんがえるちからワーク

  • 親子で取り組むワーク教材
  • 全24ページ(8,12,3月号は30ページ)
  • 平日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は1〜2ページが目安
  • 1回の取り組み時間は5〜10分

ぺあぜっと

  • 親子で取り組む体験型教材
  • 全18ページ
  • 休日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は2〜6ページが目安
  • 1回の取り組み時間は10〜30分

いっしょにおでかけブック

  • ミニサイズの絵本型教材
  • 全16ページ
  • 外出先でも楽しめる

 

 

年中

好奇心をぐんぐん伸ばす!

 

料金

  • 2,799円(毎月払い)
  • 15,954円(6ヶ月払い)
  • 28,548円(12ヶ月払い)

 

教材内容(3種類)

かんがえるちからワーク

  • 子ども1人で取り組む自習用ワーク教材
  • 全30ページ
  • 平日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は1ページが目安
  • 1回の取り組み時間は5〜10分

 

ぺあぜっと

  • 親子でまたは子ども1人で取り組む体験型教材
  • 全18ページ前後
  • 休日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は2〜4ページが目安
  • 1回の取り組み時間は10分〜1時間

 

ぺあぜっとシート

  • 親子の会話をもとに絵をかいて提出する課題
  • 月に1回
  • 休日に取り組むのがおすすめ

 

 

年長

小学校入学に向けて確かな自信を!

 

料金

  • 2,848円(毎月払い)
  • 16,230円(6ヶ月払い)
  • 29,040円(12ヶ月払い)

 

教材内容(3種類)

かんがえるちからワーク

  • 子ども1人で取り組む自習用ワーク教材
  • 全30ページ
  • 平日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は1〜2ページが目安
  • 1回の取り組み時間は5〜10分

ぺあぜっと

  • 親子でまたは子ども1人で取り組む体験型教材
  • 全20ページ前後
  • 休日に取り組むのがおすすめ
  • 1回の学習量は2〜4ページが目安
  • 1回の取り組み時間は10分〜1時間

ぺあぜっとシート

  • ぺあぜっとなどの体験をもとに絵をかいて提出する課題
  • 月に1回
  • 休日に取り組むのがおすすめ

 

その他どのコースにも「ぺあぜっとi」という保護者向けの冊子が付いています

 

 

ちなみに、Z会の幼児コースにはDVDやおもちゃなどはありません

 

遊び方が限定されるおもちゃや「やった気になる」DVDを使うより、子供が自分で考えるきっかけの詰まった実体験を重視しているからだそう。
>>Z会 幼児コース

Z会幼児コースの無料お試し教材にチャレンジ

3歳の娘が年少コースにチャレンジ!

Z会幼児コース

資料請求の手続きをして、2〜3日で届きました。

 

 

まずは、かんがえるちからワークに挑戦。

Z会幼児コース

内容は、通常号の1/3の分量です。

易しいという評判通り、あっという間に全ページやり終えました。

Z会幼児コース

びす子
出来上がって嬉しそう

 

次に、ぺあぜっと。

Z会幼児コース

 

洗濯バサミを使った遊びが紹介されていました。

早速洗濯バサミで遊ぶ娘(と夫)。

Z会幼児コース

このあと、洗濯バサミでおままごと(?)が始まりました。

びす子
子どもの想像力すごい・・

 

 

ぺあぜっとには他にも、バナナを使ったレシピが掲載されていました。

また今度やってみます!

Z会幼児コース

 

 

いっしょにおでかけブックは

「とことこおかいもの」

Z会幼児コース

 

 

話を読み進めながら、絵本にある質問(「わかるかな?」)を娘にしていきます。

Z会幼児コース

質問以外の話にもどんどん空想が膨らんでいきます(笑)

びす子
これは確かに親子の会話が増える・・!

 

 

お試し教材全体を通して難易度は難しくなく、「できた!」と楽しみながら取り組むことができました

 

親としても、Z会のコンセプトや「あと伸び力」はこうやって身につくのか・・ということが、しっかり体感できました


Z会幼児コースを利用している人の感想

Z会幼児コース

実際にZ会幼児コースを利用してる人(おうちの方)の感想を調べてみました。

 

年少コースのおうちの方


市販のドリルに比べて、問題の種類が豊富なので飽きずに楽しく学んでいます。

 

年少コースのおうちの方


いっしょにおでかけブックは、夢中になれるストーリーのおかげで文字に関心をもつきっかけが生まれたようです。少しずつ声に出して読むようになり、他の教材と合わせて学ぶうちにひらがなが読めるように。

 

年中コースのおうちの方


かんがえるちからワークは、子どもが読んで理解できるちょうどいい難易度と分量。問題のタイプも多様なので楽しんで取り組めるようで、気がつくとひとりでどんどん進めています。

 

年中コースのおうちの方


ぺあぜっとの料理の課題では、素材に手を加えて完成させるプロセスに達成感を感じている様子。多少うまくいかなくても、ちゃんと美味しく食べられることを経験し、前よりも失敗を怖がらなくなってきました。成功体験を重ねることで、自信になっているようです。

 

年長コースのおうちの方


1日1ページという進め方が子どもにはわかりやすかったようです。「終わった!」という手応えを感じられることが「もう1ページやろう」という気持ちにつながっているようでした。自分でお話を作るなど、答えがひとつではない問題もあり、考える力が自然に身につく教材だなと感じています。

 

年長コースのおうちの方


ぺあぜっとに取り組んでいると、「こう教える発想はなかった!」と親の方も学ぶことのおもしろさに気づかされ、とてもためになります。遊びながら発見を重ねることで、子どもの感性や観察力が伸びているのを感じます。

 

Z会幼児コースは自ら考え解決する力がつく

Z会幼児コース

Z会幼児コースの教材は、知識を身につけるだけの受け身学習ではなく、「学ぶことは楽しい!」という積み重ねから、自分で考えるクセがつく教材です。

びす子
お試し教材だけでも、その可能性を大いに実感しました

 

他の学習教材ではあまり見ない「体験」重視のスタイルは、好奇心旺盛な幼児期にぴったり!!

 

  • うちの子がちゃんと続けられるか不安・・
  • 一度子供の反応を見てみたい!
  • そもそも幼児向け学習教材ってどんな感じなの?

そんなパパママには、無料お試し教材を取り寄せてみることをオススメします。

Z会幼児コースをみてみる

 

Z会幼児コースまとめ

Z会幼児コースの難易度は低め

知識の詰め込み学習ではなく【体験】重視

何に対しても疑問を持ち、自分なりに答えを見つけようとする【あと伸び力】を身につけることができる

 

誰かが考えてくれたことに従うのではなく、自ら考えて行動する

これからの人生をたくましく生きていくために必要な力を、Z会で身につけてみませんか?

Sponsored Link

-ゆるっと知育

error: Content is protected !!

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.