ハッピーセット

マックのハッピーセットは何歳から?子供に食べさせるのは良くない?

現在3歳の娘を持つ母、びす子です。 最近のハッピーセットのおもちゃ、すごいですよね。 我が家も、リカちゃんやトーマス、ここたま、おさるのジョージ、おかあさんといっしょなどなど、新しいおもちゃが出る度に興味津々です。   と、こんな話をしていると必ず実家の母に言われるのが 「そんなもの子供に食べさせて・・・」   で、出たぁ〜!! うちの母はジャンクフードが苦手。私も子供の頃、ファーストフード店へ行ったことはあまりありませんでした・・。   でもさ、他の外食と比べてマックってそ ...

ReadMore

子ども いたずら

育児はなんじゃこりゃの連続

先日ハッシュタグをつけて発信したところ、色んな方に使ってもらっています。 それがこちら 「#育児はなんじゃこりゃの連続」 私がカレンダー印刷してる間に 娘は謎の遊びを始めていました。#育児はなんじゃこりゃの連続 pic.twitter.com/0IPlJeWOEN — びす子@手抜き育児でも愛情たっぷり (@bisucosuco) January 5, 2019 #育児はなんじゃこりゃの連続 このタグ🏷で みなさんの体験談もお待ちしてますぞ。 写真1枚にこのタグのみでもok。 一緒にニヤニ ...

ReadMore

旦那に半日ワンオペ育児に挑戦してもらった!夫婦交代制のワンオペ育児とは?

毎日育児にお疲れのママたち。束の間の1人時間が出来た時、心から楽しめていますか?夫に子どもを任せることに罪悪感を感じていませんか?もしそうなら夫婦で「半日ワンオペ育児」という手段がありますよ。この記事では我が家が実践して上手くいっている「半日ワンオペ育児」のやり方やメリットなどをまとめてみました。

ReadMore

父親の育児参加、仕事で不在の時もできる!?「子どもがパパに懐かない」を回避したたった1つの方法

ワンオペ育児、大変ですよね。ママが1人で何もかもやるのには限界があるし、何より精神的にしんどい。本記事では、週7ワンオペ育児になってから見つけた「夫が家に不在でも育児参加できる方法」についてまとめています。まずは心のワンオペを脱出しましょう!

ReadMore

子どもの写真整理も手抜きできる!スマホアプリとハードディスクの併用でぐっと簡単に!

放っておくとどんどん溜まっていく子どもの写真データ。整理するのも一苦労ですよね。
でも、スマホアプリとハードディスクを併用すれば現像もデータ管理もスムーズにできるんです!
本記事では、時間もコストもかからない我が家の写真整理方法をご紹介します。

ReadMore

育児中にイライラしたら心の中で◯◯◯!びす子流アンガーマネジメント

最近たまに娘が私に向かって「ママ怒らないで」と言うように。 その言葉を聞いて、娘のことを思って言っていたはずなのにいつの間にか感情的になっていた自分に気付きました。 たしかに入り口は、娘のことを思って・・・だったはず。   なのに、喋り出したらイライラの感情が出てきてしまうのはなぜ? 娘に対する「もう!なんで●●するの?!」という私のセリフ。   これには ・▲▲すべきでしょ?! ・この前も言ったじゃない などの意味合いが含まれています。。 びす子自分が子どもだったらすごく嫌なセリフ・ ...

ReadMore

産後ケア事業・産後ケアサービスって知ってる?

先日呟いた内容に思った以上に反響がありました。 県内で絶大な人気を誇る産婦人科があるんだけど そこでは20年以上前に「出戻り母さん」という制度があったらしい。 産後の1ヶ月検診とかじゃなくて、 いつでもママと赤ちゃん遊びにおいでという、なんと泊付きの制度。 これで救われたママ、たくさんいたと思う。 この制度、今こそ欲しい。 — びす子@手抜き育児の母 (@bisucosuco) November 20, 2018 これは、 きっとママたちが産後ケアを熱望している現れ。   でも、実は産後ケアって ...

ReadMore

ワンオペ育児中インフルエンザにかかって地獄を見た!体調不良になる前に備えておくべきこととは?

子どもの体調不良時には病院に走ったり情報収集したりと出来ることがたくさんありますが、自分のことはつい後回しになりがちなママ自身が体調不良に陥ったら!?事前にこれを準備しておくと、いざという時楽だよ、というものを具体的にまとめてみました。

ReadMore

手抜き育児をすることでありのままの子どもを受け入れられるようになる

手抜き育児をすることが、子どもの自己肯定感向上に繋がるって本当?私の経験から断言します、本当です!

ReadMore

ママだって自分の時間が欲しいよね

ママだってもっと自分の自由な時間を楽しみたいですよね。育児中でも工夫をすることで、もっと自分の時間が生まれるかも?!私が実践していることをまとめてみました。

ReadMore

Sponsored Link

手抜き育児(生活習慣編)

子どもの偏食・少食に悩んだら!一緒にキッチンで過ごしてみよう

投稿日:2018-11-12 更新日:

f:id:mamablo:20181112052520p:plain

「子どもにはしっかり栄養をとってほしい」

そんなささやかな親の願いもなかなか叶わないのが、育児ですよね(笑)

 

私も、娘の離乳食が始まった頃~2歳くらいまで常に食事の悩みを抱えていました。

少食な上に偏食な娘・・・スティックパン1本しか食べない日は、お腹が空いてないか心配で仕方ありませんでした。

びす子
1日のうち一番イライラしてたのは食事時間だったな・・・

手抜き育児を始める前は、真面目に考えてしまうタイプだったので、良いと聞いたことは片っ端から試してみました。

・出汁はしっかりとる

・食材の切り方を工夫する

・見た目を華やかに

などなど。

びす子
気合いを入れて幼児食インストラクターの資格も取ったよ

でも、劇的な効果はなかったんです。

「嫌なものは嫌。食べたくないものは食べない!」
そんな頑固な娘にお手上げ状態でした。

しかし!

この状況をガラリと変えたきっかけが、なんと後追い対策で始めた“キッチンでの過ごし方”でした。

関連記事

どうやって食事が出来上がるのか間近で見たり、実際に食材に触れることで、娘の中で何か変化があったようです。

びす子
これにはびっくり。

手抜きのつもりで始めたことが結果的に、食事の悩みを解決してくれたんです。

というわけで、今回はこの事実を是非子どもの食事で悩んでいる方に知ってほしくて、記事をまとめてみました。

 

Sponsored Link

キッチンで過ごすようになったきっかけ

f:id:mamablo:20181112051053j:plain

後追い対策として、ある時からそれまで設置していたベビーゲートなどを取っ払い、娘がキッチンに来た時は追い払わずにそのまま遊ばせるようにしました。

元々おままごとが好きだった娘は大喜び。

最初はキッチンの隅で遊んでいたのが、だんだん調理に興味を持ち始めたので、作業台に立つことに。

びす子
ここで「危ないから」と言って、作業台に立たせていなかったら、状況は違っていたかも?

 

Sponsored Link

子どもに料理が出来上がる過程を見せることで

f:id:mamablo:20181112051030j:plain

娘にはまず、流し台で野菜を洗ってもらう(と言っても最初は水遊びみたいなもの)ことから始めてもらいました。

それから、食材の皮をむいたり、お米を研いだりと、どんどんステップアップ。

 

▼卵を混ぜる娘。最近は殻を割ることも出来るように。

f:id:mamablo:20181112052021j:plain

注意を払いながら、フライパンや鍋での調理も一緒にやってみました。

びす子
今では子ども用の包丁で軟らかいものなら切れるように!(きれいには切れないけどね)

また、娘自身が出来ないことでも、私が作業している姿を間近で見ることが刺激になったようです。

 

偏食・少食への効果

f:id:mamablo:20181112051010j:plain

食卓に並んだ料理を見ながら、

「これはさっき皮をむいてくれた玉ねぎだよ」

「これはさっき切ってくれたお豆腐だよ」

など、これまでの娘の行動と成果物を関連付けられるよう、口に出して伝えました。

 

すると、その言葉がきっかけになったのか?これまで食べなかった食材も口に運ぶように!

口まで持っていって結局出してしまうものもありましたが、以前の偏食・少食ぶりからは考えられないほど成長が見られました。

 

気持ちの変化

f:id:mamablo:20181112050935j:plain

娘の変化をきっかけに私の気持ちにも変化がありました。

それまでは

・何がなんでも一定量食べさせないといけない

・栄養バランス良く食べさせないといけない

と躍起になっていました。

 

でも、結局子どもは、

・お腹が空いたら食べる

・状況に納得したら食べる

ということがよくわかりました。

 

そうなると私も肩の荷がおりました。

・苦手なものは少しずつ慣れていけばいい

・食べない日があってもいい

すると食事時間が以前ほど苦痛ではなくなり、お互い笑顔も出るように。

これでまた一層娘の食事量が増えたよ。

 

鬼のような形相をしているママの隣ではどんな食事も美味しくないのは当然ですよね。

 

まとめ

f:id:mamablo:20181112050252j:plain

幼少期は食事に対する意欲を高めるのに大切な時期だと言われていますが、そう言われれば言われるほど焦ってしまうのが親心。

でも、大丈夫、子どもが食事に興味を持つきっかけはきっとどこかに転がっています。

 

仮にもし食事に興味がないままであっても、無理する必要もないと思っています。

なんとかなるとこちらが思った時に、意外と子どものほうが変わったりするんですよね。

 

びす子
それにしても…キッチンに立たせるだけで、後追い対策も出来て、お手伝いもしてもらえて、食事の悩みも減るなんて、手抜き育児バンザイ!

 

親子の絆を深めるきっかけとしても、キッチンで過ごす時間は良いものです。

もし「楽しそうだな・・」と思えたら、無理のない範囲で始めてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

Sponsored Link
Sponsored Link

-手抜き育児(生活習慣編)

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.