車内の熱中症対策!イチ早く車内温度を下げるには?

投稿日:2018-08-15 更新日:

Sponsored Link

f:id:mamablo:20181108163004p:plain

記録的な猛暑が続いていますね。

外が暑いのはもちろんのこと、車に乗ろうとした時の車内温度の高さに驚きませんか?

・車内が涼しくなるまで外で待つのは暑い
・灼熱の車内に座るのもつらい
・子どもが一緒のときは特に「早く涼しくなって〜!」と焦る

 

また、涼しくなった車内でも熱中症になる危険性は潜んでいるそうです。

そこで今日は、車内温度を素早く下げる方法や、車内での子どもの熱中症対策についてまとめてみました。

 

炎天下の車内温度ってどのくらい?

JAFユーザーテストによると、気温35度のとき、車内温度は57度まで上昇。ダッシュボード付近においては、79度にもなるそう。

命の危険を感じるほど温度が上がりますね。

朝、出勤・登園の時間帯でもすでに暑いなぁと感じるので、日中の車内は恐ろしい環境です。

 

Sponsored Link

車内温度上昇を防ぐ事前対策

これをやっておくと効果があるよという対策はこちら。

サンシェードやカーテンの設置

断熱シートの貼り付け

日陰へ駐車

窓を数cmあけておく

 

特に子どもが座る後部座席には、エアコンの風が届きにくいので、窓にカーテンや断熱シートをつけておくのがおすすめです。


車用サンシェード 車窓日よけ カーシェード UVカット 簡単着脱 遮光 断熱 99% の有害な紫外線を止める 車内の目隠しや目印にも 収納バッグ付き 50CM*30CM 4枚セット (50cm×30cm×4枚) 取扱説明書付き

 

最近では子どもが喜ぶ可愛いデザインのサンシェードもたくさん出ていますね。


車用遮光サンシェード 78cm × 50cm あなたの子供のための最大限紫外線UVカット


紫外線99%カット 全12柄 3重暗幕 マグネット式 サンシェード 日よけ 紫外線対策 UVカット 車 シェード

 

またチャイルドシート専用のサンシェードというのもあり、我が家はこれも利用しています。


スマートスタート チャイルドシート サンシェイド ネット窓付き チャイルドシートをすっぽりカバーして遮熱&籠った熱を逃がす

このシートをつけておくと、座面の熱さはだいぶ和らぎますし、金具が熱くてやけどするという心配もなくなります。

 

Sponsored Link

車内温度を素早く下げる方法

事前に対策をしていても、残念ながら車内温度は上がってしまいます。(対策するのとしないのとでは全然違いますが・・・)

では、上がってしまった車内温度を素早く下げるにはどうしたらいいでしょうか?

 

ドアを反対から5回以上開閉する

これ、私は夫から教えてもらった方法なんですが、調べたら割と一般的な方法なんですね(笑)
両側のドアを開けて、片方のドアを開閉することで、車内の熱い空気を外に逃がしてくれる仕組みです。

 

車体温度を下げるために車に水をかける

路面に打ち水をすることで周辺の気温を下げるのと同じように、車にも打ち水をすることで多少効果があるようです。

 

エアコン+窓全開で走行

車内温度をイチ早く下げるのはこの方法!

事前対策である程度温度上昇を防げている車であれば、エアコンをかけて少し時間が経ったら走りだしましょう。 

JAFの実験によると、55度だった車内温度がこの方法で5分後には28度になったそう。

ポイント

エアコンは最初外気導入→内気循環へ!

暑い日はこの方法で乗り切りましょう!

 

車内での子どもの熱中症対策

体温調節機能がまだ未熟な子どもは熱中症になりやすいと言われています。
車内も例外ではありません。

車内温度が下がり涼しくなったからといって、油断は禁物です。

子どもが同乗している車では以下の点に気をつけると安心です。

・こまめな水分補給

・積極的な声かけ

・寝ているときも様子を見ておく

寝てしまうと水分補給がおろそかになります。長距離のおでかけの際は様子に気を配りましょう。

またこんな便利グッズを利用するのもおすすめ。


扇風機 車用 シガーソケット 簡単 接続 車内 車 エアコン 空気循環 サーキュレーター 12V 冷暖房効率 カーファン

こういうコンパクトな扇風機だと音も静かなので、邪魔になりません。

 


抱っこ紐に使える保温・冷却シート ベビーキャリア用 保冷・保温シート Esmeralda エスメラルダ 冷ジェル2個付き/ベビーカー チャイルドシートに。

この保温・冷却シートは我が家も低月齢のときから大活躍。
チャイルドシートだけでなく、ベビーカーや抱っこ紐の時も使ってました。

またその名のとおり、温めることもできるので冬にも使えてすごく便利です。

 

快適な車内へ

せっかくの車でのおでかけ時間、快適に過ごしたいですよね。

大人が感じている以上に子どもは暑さに弱いです。

進んで対策をしてあげましょう。

Sponsored Link

-お得・便利

error: Content is protected !!

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.