ランキング参加中

 
にほんブログ村 子育てブログへ
 

【口コミ】スマートキッズベルトを3歳児に使ってみてわかった3つのこと

更新日:

Sponsored Link

スマートキッズベルト口コミ

スポンサーリンク

 

3歳の娘が使っているチャイルドシートが窮屈になってきたので

「そろそろジュニアシートに替えようかなぁ」と色んな商品を調べていた時のことです。

チャイルドシート・ジュニアシートに代わる画期的なアイテムが発売された!

という噂を耳にしました。

 

そのアイテムというのが

『スマートキッズベルト』

 

これ、ただのベルトじゃありませんでした。

 

「このベルトを正しく使用すればそれだけで車に子供を乗せてOK(シートはいらないよ)」と国が公に認めたベルト型幼児用補助装置だったんです。

 

注意ポイント

チャイルドシート・ジュニアシートの代わりになると国が道交法で認めた商品は、この『スマートキッズベルト』のみです(類似品にご注意ください)

 

これはいい!

と、さっそく購入。

 

スマートキッズベルトを使い始めてから

  • 車内のスペースが広々使える
  • 子供もシートから解放されてご機嫌に過ごせる
  • どんな車にでもさっと取り付けられるのでおでかけが楽しめる

と、想像以上に車での移動が快適になりました。

 

本文では、そんなスマートキッズベルトの特徴や、実際に3歳の娘に使ってみて感じたことなどを正直にレビュー。

 

お子さんのチャイルドシートが窮屈になってジュニアシートを検討している方や、スマートキッズベルトについて気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

スマートキッズベルトってどんな商品?

スマートキッズベルト

スマートキッズベルトは、簡単に言うと

シートベルトの長さを子供用に調整するベルト。

 

スマートキッズベルト

このベルトが使用できるのは、3歳から12歳まで(適用体重は15kgから36kgまで)のお子さんです。

 

これさえあれば、チャイルドシートはもちろんジュニアシートさえも不要!

 

むしろスマートキッズベルトを使用する時にジュニアシートを使用するのは危険なので、ベルト単体で使用することが推奨されています。

参考公式アカウントのコメント

 

 

Sponsored Link

スマートキッズベルトの使い方(取り付け方)

スマートキッズベルト
メテオ公式HPより

 

取り付け方もとっても簡単。

シートベルトに、スマートキッズベルトをクリップ(赤い部分)で固定するだけ。

 

注意するのは、ベルトがねじれないように取り付けるという点のみです。

 

step
1
下のクリップをベルトアンカー(子供のお腹の上を通るベルト)に固定(固定する位置はバックルの反対側)

スマートキッズベルト

↑『下』のクリップは『タグに近いほう』のクリップ

スマートキッズベルト

こんな感じでクリップが開閉します。

 

step
2
ベルトを子供の肩の後ろに置いて、上のクリップが子供の肩の真上にくるように長さを調整

 

step
3
上部クリップをシートベルトに固定

スマートキッズベルト

 

▼こちらの公式動画も参考になります

 

 

ちなみにスマートキッズベルトは、毎回取り外す必要はなくお子さんが乗る座席のシートベルトにつけっぱなしでOK!

びす子
毎回長さや位置を調整しなくていいのがラクです

 

 

Sponsored Link

スマートキッズベルトを実際に使ってみた感想

使ってみてわかったことその1:驚くべきサイズ感

届いた商品を手にとってびっくり。

「ち、小さい・・」

スマートキッズベルト

 

かなりコンパクトで、私が普段使っている無印良品のサコッシュに楽々と入ります。

スマートキッズベルト

 

 

そして、重さも

軽っ・・!」

 

それもそのはず。

スマートキッズベルトの重さはなんと120g。

びす子
私が持ってるiPhoneSE(4インチ)の重さが113gなので、もう一般的なスマホと同じくらいの重さですよ

 

おかげで持ち運びが必要な場面でも役に立っています。

 

 

使ってみてわかったことその2:安全性能

考える

あまりにもコンパクトな商品なので、安全性が少し気になるところですよね。

びす子
私も手元に届くまでは「これで子供の体を支えられるの!?」と半信半疑

 

疑り深い性格なので(笑)届いてから、試しにスマートキッズベルトを装着したシートベルトを強く引っ張ってみました。

 

すると、

しっかりロックがかかってベルトの役目を果たしてくれていました!

 

さすが海外だけでなく厳しい日本の安全基準をクリアしているベルトです。

参考 安全性を確認するクラッシュテストの様子はこちら

 

 

使ってみてわかったことその3:子供の身長に注意

スマートキッズベルト

スマートキッズベルトの適用年齢は、3歳から(適用体重15kgから)です。

 

ただ、3歳を過ぎた娘に使ってみての率直な感想は

  • まだちょっと早いかな!?
  • もう少し大きくなったらもっと安心して使えるかな!

でした。

 

というのも、

娘は現在3歳5ヶ月で身長90cm弱と小柄。

 

商品に記載はないですが

身長100cm以上の子の使用が想定されているのかな?と感じましたね。

 

後日追記

娘の身長が95cmになりました!今では安心して使えています。

 

商品自体は、しっかりとしたベルトなので

  • 年齢3歳以上
  • 体重15kg以上
  • 身長95cm以上

の条件をクリアしているお子さんなら問題なく使えます!

 

 

スマートキッズベルトのメリット・デメリット

しばらく使ってみて感じたメリット・デメリットはこちら。

メリット

チャイルドシートやジュニアシートを使っていた時と比べて、子どもの不快感を大幅に軽減してくれているのに

いざという時にはシートベルトの力を最大限に発揮して、子どもの背中を座席に固定してくれるという作りが心強いです。

びす子
もう親子共々チャイルドシートには戻れません

 

 

デメリット

あまりにも装着が簡単なので(慣れたら子どもが自分で装着できる)、ちゃんとベルトがとまっているか(タングがバックルにきちんと入っているか)出発前に確認する必要があります。

びす子
うちは一度、出発直前に「あー!ベルトとまってないじゃん!!」ということがあって、ヒヤっとしました

手軽なアイテムだけに、出発前の最終チェックは忘れないようにしたいですね。

 

 

スマートキッズベルトの口コミは?

スマートキッズベルトが話題になったきっかけは、情報番組での放送&このツイートでした。

 

これ以降購入する人が続出。

 

実際使ってみた方の口コミをSNSで調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家と同じように、身長によってはまだ早かったかな?と感じる口コミもいくつか見かけました。

ただ、購入されてる多くの方は満足されている様子です。

 

 

スマートキッズベルトはおでかけのハードルがグッとさがるベルト

スマートキッズベルトがあれば、シート不要で

  • 車内が広々使える(シートが車内を圧迫することからの解放)
  • 子供がご機嫌(窮屈なシートからの解放)

と親も子供もご機嫌!

 

また持ち歩きやすい大きさなので、普段使う車だけじゃなく帰省先の車や旅先でのレンタカー・タクシーなど、どこでも気軽に使えるのも嬉しいポイントですね。

びす子
おでかけのハードルがグッとさがります

 

 

スマートキッズベルトまとめ

スマートキッズベルトは

  • シートベルトの長さを子供用に調整する商品
  • 国の基準をクリアしている安全性能(これがあればチャイルドシート・ジュニアシートがなくても車に子供を乗せてOK)
  • 適用年齢は3歳から12歳まで(適用体重は15kgから36kg)
  • 使い方は簡単、シートベルトにクリップで留めるだけ
  • 身長は95cm以上はあったほうが安心して使えそう
びす子
数年前チャイルドシートを買った時は、こんな商品が出るなんて思いもしませんでした・・!

 

慣れてきたら子どもが自分でベルトを装着することができるので、親はそれを確認するだけ。

 

チャイルドシートで出発前に揉めていたのは何だったんだろう、と拍子抜けするほど気軽に出かけられるようになりました。

 

チャイルドシートが窮屈になってきてジュニアシートを検討している親御さんや、

ジュニアシートに代わるものを探している親御さんはぜひ手にとってみてくださいね♡

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
暮らしや子育ての中で「これいいな♪」と思ったことを中心に発信してます。
認定心理士・幼児食インストラクター資格保有。

詳しいプロフィールはこちら

HOMEはこちら

▼こちらの記事もよく読まれています

-お出かけ

error: Content is protected !!

© 2020 mamablo