子育てしながら家でできる仕事まとめ

産後ケア事業・産後ケアサービスって知ってる?

投稿日:2018-11-24 更新日:

Sponsored Link

f:id:mamablo:20181124075454p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

以前、産後ケアについての呟きに、思った以上の反響がありました。

 

これは、
きっとママたちが「あればいいな・・」と産後ケアを熱望している現れ。

 

でも、実は調べて見ると産後ケアって、現在でも公的事業や民間サービスがあるみたいなんです。

知ってましたか?

 

これだけいいねやRTがついても、そういうものがあるよってコメントが少ないのは「既存の産後ケアサービスについてあまり知られてないからでは?」と思いました・・。

 

かくいう私も実は最近まで全く知らず。

びす子
出産経験者なのに知らなかった・・

 

そこで今回は、既存の産後ケアサービスについて、調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

産後ケアがママに必要な理由

f:id:mamablo:20181124074255j:plain

言わずもがなですが出産直後は

  • 身体がしんどい
  • 心がしんどい

のダブルパンチ状態です。

 

 

身体がしんどい

一説によると、出産直後のママの身体は交通事故にあったようなダメージを受けているそう。

 

産後の床上げという言葉があるくらいです、基本的には横になっているのがベスト。

でも、生まれてきたばかりの赤ちゃんはそんなのおかまいなしに泣いていて、ママはお世話に奔走してますよね。

 

心がしんどい

ホルモンバランスの崩れから感情も不安定になりがち。

加えて、育児自体そもそも“思ってたんと違う”ことが多すぎてパニック。

 

あれ?赤ちゃんって夜はすやすや可愛く眠ってるものなんじゃ?と昼夜問わず泣いている娘に何度思ったことか。

 

産前に聞いていた情報と違うことが起きると「私の育て方間違ってるのかな」と必要以上に不安にもなりますよね。

 

 

しんどいときは無理しない

このダブルパンチ状態を蔑ろにしていると、あっという間に消耗して、さいあくの場合「産後鬱」になる可能性も・・。

 

誰かに甘えることは決して悪いことではありません。

疲れたら、いや、疲れる前に、誰かに助けを求めましょう。

 

 

Sponsored Link

産後ケア事業(公的)

f:id:mamablo:20181124074328j:plain

公的な産後ケア事業は、こんな内容です。

 

内容

産後ケア事業は、国(厚生労働省)が所管する『妊娠・出産包括支援事業』という事業のひとつ。

 

ガイドラインには

産後ケア事業は、市区町村が実施。

  • 母親の身体的な回復のための支援
  • 授乳の指導及び乳房のケア
  • 母親の話を傾聴する等の心理的支援
  • 新生児及び乳児の状況に応じた具体的な育児指導
  • 家族等の身近な支援者との関係調整
  • 地域で育児をしていく上で必要な社会的資源の紹介等

を行う

とあります。

 

これらは、

  • 生後4ヶ月頃までケアを受けられる(自治体により異なる)
  • ケア内容は、宿泊型・デイサービス型・訪問型の3種類から選べる(自治体により異なる)
  • 利用料は、宿泊型は 4,000 円~10,000 円、デイサービス型では 1,000 円~4,000 円、訪問型では 500 円~2,000 円で設定している自治体が多い

という内容になっています。

 

自治体により実施内容はかなり違うので、ぜひお住まいの自治体のサイトを確認してみてくださいね。

びす子
「自治体名+産後ケア」と検索すると、情報が見つかります

 

メリット

  • 民間サービスに比べて格安
  • 宿泊型・デイサービス型・訪問型の3種類から、自分にあったサービスを選べることが多い

 

デメリット

  • 実施している自治体がまだ少ない

  • 受けるためには条件(審査)がある
  • 期間制限(生後4ヶ月頃まで、利用は7日間以内など)がある

 

 

Sponsored Link

産後ケアサービス(民間)

f:id:mamablo:20181124074411j:plain

公的事業に対して、より柔軟なケアが可能なのが民間サービスです。

 

内容

産後ヘルパー、産後ケアサービスなど、民間(病院など)が実施しているサービスがあります。

>>産後ケア施設一覧(2019年2月現在)

 

メリット

  • 期間も回数も制限がない
  • 上質なサービスが受けられるので非日常感が味わえる

 

デメリット

  • 料金が公的事業に比べて高め
  • 地域によってはサービスの提供が受けられない

 

産後ケアは自分から機関へ出向いていかないといけないの?

調べていて思ったのは、公的事業も民間サービスも「自分から機関へ出向いていかないといけない」という内容のものが多いということ。

 

地域の助産師・保健師が自宅訪問を行ってくれるという公的制度もありますが、自分のタイミングで、自分が困っているときにどうにかしてほしい!という場合もありますよね。

 

そんな時はこういったサービスを利用してみるのはどうでしょうか。

 

自宅にシッター(産後ドゥーラ)を呼ぶ

格安のベビーシッターサービスでおなじみのキッズラインでは、産後ドゥーラを自宅へ呼べるサービスがあります。

参考 産後ドゥーラとは、産後間もない母親に寄り添い、子育てが軌道に乗るまでの期間、日常生活(くらし)を支える専門家

 

『キッズラインでは産前ケアや産後ケアを行う産後ドゥーラを探せます。

出産前後の家事サポートや育児のお手伝いをして赤ちゃんとの新しい生活の手助けをします。

ドゥーラは産前産後だけでなく、妊娠中に体調がすぐれない時や安静が必要な時にもサポートを行います。

早朝や夜間の対応も可能です。』

キッズライン公式サイトより

>>産前産後ケアが可能な産後ドゥーラを探す- キッズライン

 

 

自宅から相談する

また、自宅にいながら専門機関に相談するという手もあります。

 

もしかすると、話を聞いてもらうだけでも、良い方向へ向かうことがあるかもしれません。

 

その際は、地域の保健所や、専門家が親身になって回答してくれるサイトがおすすめです。

>>子育て相談ドットコム

>>いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング【cotree】

 

 

産後ケアを利用しよう

f:id:mamablo:20181124074440j:plain

できれば家族に協力してもらって産後の辛い時期を乗り越えたいところですが、そうはいかない・・という状況のママも近年増えていることと思います。

 

頼れる選択肢を増やして、どうか一人で悩まないで・・!

 

 

 


育児・幼児ランキング

 

◆びす子からの無料プレゼント◆

家事に育児に忙しい・・

でも自分の時間も欲しい・・

そんなあなたのために!

日常の無駄を見直すための

【タスク管理術の資料+やることリスト】を作ってみました。

 

ぜひ活用してみてくださいね。

↓↓↓
【資料プレゼント】「ママのためのタスク管理術」を作ったよ!

続きを見る

 

Sponsored Link

-マタニティ

error: Content is protected !!

Copyright© 子育て雑記ブログmamablo , 2019 All Rights Reserved.