幼児向けプログラミングおもちゃなら はじめてのプログラミングカー!おすすめの理由とは?

投稿日:2019-02-02 更新日:

Sponsored Link

車 おもちゃ

「子供の将来のために、親の私たちが今から出来ることは何だろう?」

「できれば遊びの中でたくさんのことを学んでいってほしい」

 

成長過程において、自然と身につくことはたくさんあります。

でも、きっかけを与えてやらないと、いつまでも子供が知ることが出来ないこともたくさんありますよね。

 

将来役に立つ力を、遊びの中で見つけてくれたらいいな・・と思ったら!

プログラミングのおもちゃで、子供と一緒に遊んであげるというのはどうですか?

 

「プログラミングって難しそう・・」
「子供にPCを操作させるってこと?!」

私も最初そう思っていました。

でも、調べてみるとそうではなく、プログラミングのおもちゃは、おもちゃでありながら、物事を論理立てていく力を身につけることのできるツールでした。

 

物事を論理的に考えられる力は、これから子供が将来どんな道に進んでも必ず役に立ちます。

 

「おもちゃで、そんな力がつくなら、やってみてもいいかも・・・?」

プログラミングカー
そんな風に思った我が家では、娘が3才になる誕生日にプログラミングカーというおもちゃをプレゼントしました。

初めてのプログラミングおもちゃです。

びす子
これが予想以上に良かった・・‼︎

 

どうやって遊ぶかというと・・・続きは、本文にて!

 

プログラミングカーって何?

プログラミングカー

正式名称は「カードでピピッと はじめてのプログラミングカー」

箱の中にはこんな部品が入っています。

▼くるまプログラミングカー

 

▼めいれいタグプログラミングタグ

 

▼めいれいカード&カードボードカードボード

 

▼ぼうけんマップぼうけんマップ

 

びす子
「くるま」に「めいれい」を与えて、「ぼうけんマップ」の上を走らせるおもちゃだよ

 

Sponsored Link

プログラミングカーを選んだ理由

子供

理由は2つ。

コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。この命令が「プログラム」であり、命令を与えること が「プログラミング」。

そのことを、幼児が理解しやすそうな遊びが『車を走らせる』という遊びだった、これが1つ目の理由です。

 

もう1つの理由は、機能の割にお手頃な値段だったから!

Amazonだと定価の半値近い値段で買えます・・・

 

当初検討していた、プログラミングおもちゃで有名な「キュベット」は約3万円!!!!

すごく良いおもちゃなのは分かる・・・出来たらこれがほしい・・・でももし遊ばなかったら、ちょっと勿体無いな・・と思い、ほかのおもちゃを探していたところ、プログラミングカーを見つけました。

びす子
車のほうが遊び慣れてるしね!

 

ちなみにプログラミングカーは、おもちゃ大賞2018も受賞しています。

幼児のプログラミングデビューに申し分ない!なのに安い・・(2回目)。

 

Sponsored Link

プログラミングカーの遊び方

車 子供

簡単に言うと、車が目的地へうまく進めるように命令を考える遊びです。

1、ぼうけんマップを見て、目的地を決める

2、現在地から目的地へ行くには、どの順番にどんな命令を与えるのがいいか考える
(=カードボードにめいれいカードを置いて考える)

3、車に命令を与える
(=カードボードに置いためいれいカードと同じ順番で、めいれいタグを車にかざしていく)

4、車のスタートボタンを押すと、命令通りに車が動く

5、目的地に到着出来なかったり、遠回りをしたら、最短経路で目的地へ到着する命令を再度考える

 

ちなみに、ぼうけんマップの裏面は、自分が好きに街を描けるようになっているので、もう少し大きい年齢の子だと遊びの幅が広がりそうです!

 

プログラミングカーで遊んでみた感想(レビュー)

ハート

3才になったばかりの娘が、1人で遊ぶのはまだまだ難しいです。

なので、今の遊び方としては、親が車に命令しているところを見せ、スタートボタンは娘に押させて、楽しんでいます。

「ちゃんとパン屋さんまで行けるかな?」

「あれ、間違えちゃった。どうやって行けば良かったかなー??」

こんなやりとりするだけで最初は十分。

びす子
いつか自分から動かしてみたい!というセリフが聞けるかな?

 

今は「みぎ」「ひだり」「すすむ」の3つの命令がメインですが、そのうち、他の命令も使いこなせるようになると、車の動きも複雑になるため、もっと楽しくなりそうです。

びす子
これはかなり長く遊べそう

 

幼児でもプログラミングを楽しく学べる

プログラミング,

今回初めてプログラミングのおもちゃを買ってみました。

周囲の知人にそのことを話すと「3才でプログラミング!?」という反応をされます。

やはり、プログラミングは得体の知れない難しいもの、と感じる人が多いんだなぁと実感しました。

 

その辺り、子供の方が偏見がなくどんどん吸収してくれます。

遊びの中で楽しく身につけたことが、将来役に立ったらラッキー!

 

もうすぐ小学校でプログラミング教育も始まります。

今のうちから出来ること、早速始めてみるといいかも!

 

Sponsored Link

-ゆるっと知育

error: Content is protected !!

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.