ハッピーセット

マックのハッピーセットは何歳から?子供に食べさせるのは良くない?

現在3歳の娘を持つ母、びす子です。 最近のハッピーセットのおもちゃ、すごいですよね。 我が家も、リカちゃんやトーマス、ここたま、おさるのジョージ、おかあさんといっしょなどなど、新しいおもちゃが出る度に興味津々です。   と、こんな話をしていると必ず実家の母に言われるのが 「そんなもの子供に食べさせて・・・」   で、出たぁ〜!! うちの母はジャンクフードが苦手。私も子供の頃、ファーストフード店へ行ったことはあまりありませんでした・・。   でもさ、他の外食と比べてマックってそ ...

ReadMore

子ども いたずら

育児はなんじゃこりゃの連続

先日ハッシュタグをつけて発信したところ、色んな方に使ってもらっています。 それがこちら 「#育児はなんじゃこりゃの連続」 私がカレンダー印刷してる間に 娘は謎の遊びを始めていました。#育児はなんじゃこりゃの連続 pic.twitter.com/0IPlJeWOEN — びす子@手抜き育児でも愛情たっぷり (@bisucosuco) January 5, 2019 #育児はなんじゃこりゃの連続 このタグ🏷で みなさんの体験談もお待ちしてますぞ。 写真1枚にこのタグのみでもok。 一緒にニヤニ ...

ReadMore

旦那に半日ワンオペ育児に挑戦してもらった!夫婦交代制のワンオペ育児とは?

毎日育児にお疲れのママたち。束の間の1人時間が出来た時、心から楽しめていますか?夫に子どもを任せることに罪悪感を感じていませんか?もしそうなら夫婦で「半日ワンオペ育児」という手段がありますよ。この記事では我が家が実践して上手くいっている「半日ワンオペ育児」のやり方やメリットなどをまとめてみました。

ReadMore

父親の育児参加、仕事で不在の時もできる!?「子どもがパパに懐かない」を回避したたった1つの方法

ワンオペ育児、大変ですよね。ママが1人で何もかもやるのには限界があるし、何より精神的にしんどい。本記事では、週7ワンオペ育児になってから見つけた「夫が家に不在でも育児参加できる方法」についてまとめています。まずは心のワンオペを脱出しましょう!

ReadMore

子どもの写真整理も手抜きできる!スマホアプリとハードディスクの併用でぐっと簡単に!

放っておくとどんどん溜まっていく子どもの写真データ。整理するのも一苦労ですよね。
でも、スマホアプリとハードディスクを併用すれば現像もデータ管理もスムーズにできるんです!
本記事では、時間もコストもかからない我が家の写真整理方法をご紹介します。

ReadMore

育児中にイライラしたら心の中で◯◯◯!びす子流アンガーマネジメント

最近たまに娘が私に向かって「ママ怒らないで」と言うように。 その言葉を聞いて、娘のことを思って言っていたはずなのにいつの間にか感情的になっていた自分に気付きました。 たしかに入り口は、娘のことを思って・・・だったはず。   なのに、喋り出したらイライラの感情が出てきてしまうのはなぜ? 娘に対する「もう!なんで●●するの?!」という私のセリフ。   これには ・▲▲すべきでしょ?! ・この前も言ったじゃない などの意味合いが含まれています。。 びす子自分が子どもだったらすごく嫌なセリフ・ ...

ReadMore

産後ケア事業・産後ケアサービスって知ってる?

先日呟いた内容に思った以上に反響がありました。 県内で絶大な人気を誇る産婦人科があるんだけど そこでは20年以上前に「出戻り母さん」という制度があったらしい。 産後の1ヶ月検診とかじゃなくて、 いつでもママと赤ちゃん遊びにおいでという、なんと泊付きの制度。 これで救われたママ、たくさんいたと思う。 この制度、今こそ欲しい。 — びす子@手抜き育児の母 (@bisucosuco) November 20, 2018 これは、 きっとママたちが産後ケアを熱望している現れ。   でも、実は産後ケアって ...

ReadMore

ワンオペ育児中インフルエンザにかかって地獄を見た!体調不良になる前に備えておくべきこととは?

子どもの体調不良時には病院に走ったり情報収集したりと出来ることがたくさんありますが、自分のことはつい後回しになりがちなママ自身が体調不良に陥ったら!?事前にこれを準備しておくと、いざという時楽だよ、というものを具体的にまとめてみました。

ReadMore

手抜き育児をすることでありのままの子どもを受け入れられるようになる

手抜き育児をすることが、子どもの自己肯定感向上に繋がるって本当?私の経験から断言します、本当です!

ReadMore

ママだって自分の時間が欲しいよね

ママだってもっと自分の自由な時間を楽しみたいですよね。育児中でも工夫をすることで、もっと自分の時間が生まれるかも?!私が実践していることをまとめてみました。

ReadMore

Sponsored Link

手抜き育児(生活習慣編)

寝かしつけはルーティン化でスムーズに

投稿日:2018-11-09 更新日:

f:id:mamablo:20181109050852p:plain

「子どもがなかなか寝ない」
「もう少し楽に寝かしつけできないかな」

生活習慣の悩みで上位にあがってくるのが、子どもの寝かしつけ。

 

うちの娘も生まれた時から寝つきが悪く、寝かしつけには苦労しました。

断乳するまでは授乳で入眠させることが習慣になっていたので、授乳が終わると他の方法を考えなければいけませんでした・・・。

びす子
出来れば小さいうちから、授乳以外の寝かしつけ方法を確立しておくと楽かも

 

先日、寝かしつけについて、こんなアンケートを実施してみました。

選択肢の割合で言うと最も多いのは「特に何もしてない」でしたが、注目すべきはコメント欄に寄せられた、寝かしつけ方法の数々。

そして、ひとつ共通点がありました。

それは、寝かしつけ方法を決めて、ルーティン化している方が多かったこと。

ルーティーン (routine) とは、決まり切った手続きや仕事の事。 日課。 定常処理。出典:Wikipedia

つまり、決まった寝かしつけ方法を毎日実行している方が多かったということです。

ここに子どもの寝かしつけが楽になるポイントがあるのでは?!

今回の記事では、“子どもは安心・親は楽になる”寝かしつけのルーティン化について書いてみました。

 

Sponsored Link

ルーティン化するメリット

f:id:mamablo:20181109055354j:plain

「毎日同じ寝かしつけ方法だと飽きるんじゃないの?」

びす子
答えはNO!!

 

むしろ毎日同じ方法のほうが、子どもは安心して寝つけるようになるんです。

子どもが安心する理由

・実際に経験したことがあり安全なことだと知っているから

・親がその行動をとり始めたら「あ、もう寝る時間なんだ」と先の見通しが立つから

 

穏やかな入眠は、質の良い睡眠に繋がるとも言われています。

つまり子どもの成長にとってスムーズな寝かしつけは大切なことなんですね。

 

だからこそ、寝かしつけをルーティン化することがポイントなんです。

決まった寝かしつけの流れを毎日繰り返すだけで、自然と寝てくれる確率がアップします。

 

Sponsored Link

寝かしつけの方法

f:id:mamablo:20181109055732j:plain

冒頭のアンケートに寄せられたコメントをまとめると、主に以下の寝かしつけ方法が挙げられていました。

・語りかける(今日1日の出来事など)

・音楽を流す

・トントンする

・寝たフリをする

・手を繋ぐ

・寝かしつけ用おもちゃを使う

・子どもが安心する物(布物やぬいぐるみ)を渡す

びす子
寝かしつけ方法に悩んでいる方は、この中で自分が出来そうなこと・子どもに合いそうなことを探してみるといいかも!

 

寝かしつけ時の注意点

f:id:mamablo:20181109055429j:plain

注意点は以下の2つ。

寝かしつけ方法はコロコロ変えない

決まった寝かしつけ方が習慣になると修正するのはなかなか難しいです。

目指すのは子どもが安心・親が楽な寝かしつけのルーティン化”ですので、一度決めた方法は、子どもがよっぽど嫌がらない限りは変えないほうがよさそうですね。

ただ、子どもが体調不良の時など普段と違う状況の時だけは柔軟に対応してあげてもいいかもしれません。

 

寝かしつけは長時間行わない

子どもが自分で寝る力をつけるためにも、最低限の寝かしつけをしたら、あとは本人に任せるのが良いようです。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、それも習慣になってくると次第にお互い楽になってきます。

 

ルーティン化を実践した効果

f:id:mamablo:20181109055447j:plain

我が家も今では寝かしつけの流れを決めています。

年齢があがるにつれ段々と楽になってきましたが、振り返ってみると、やはり楽になったポイントはルーティン化だったと思います。

非ルーティン期


抱っこor授乳orマッサージor音楽

ルーティン移行期


絵本→マッサージ

ルーティン確立


絵本→寝たフリ

個人的には、【寝たフリ】は最強だと思っています(笑)

最初のうちは子どもも泣いてしまうかもしれませんが、慣れるとお互いとっても楽。

びす子
ちなみに私は寝たフリをしていると100%寝落ちするので、家事などは全て済ませて寝室に行き、最近では潔く子どもと一緒に寝ることにしてます。

 

▼追記「動く絵本プロジェクタードリームスイッチ」を寝かしつけに導入しました。

関連記事

 

これまで絵本を読む習慣があったので、娘は特に抵抗なかった(むしろ喜んで寝室へ行くようになった)ようで、寝かしつけ方法の切り替えも無事成功、以来とても助かっています。

まとめ

f:id:mamablo:20181109055508j:plain

1日の終わりは大人だって疲れているもの。
寝かしつけも“手抜き”したいですよね。

子どもにあった寝かしつけ方法を検討したらあとはルーティン化して、子どもの安眠を手にいれちゃいましょう!

Sponsored Link
Sponsored Link

-手抜き育児(生活習慣編)

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.