ハッピーセット

マックのハッピーセットは何歳から?子供に食べさせるのは良くない?

現在3歳の娘を持つ母、びす子です。 最近のハッピーセットのおもちゃ、すごいですよね。 我が家も、リカちゃんやトーマス、ここたま、おさるのジョージ、おかあさんといっしょなどなど、新しいおもちゃが出る度に興味津々です。   と、こんな話をしていると必ず実家の母に言われるのが 「そんなもの子供に食べさせて・・・」   で、出たぁ〜!! うちの母はジャンクフードが苦手。私も子供の頃、ファーストフード店へ行ったことはあまりありませんでした・・。   でもさ、他の外食と比べてマックってそ ...

ReadMore

子ども いたずら

育児はなんじゃこりゃの連続

先日ハッシュタグをつけて発信したところ、色んな方に使ってもらっています。 それがこちら 「#育児はなんじゃこりゃの連続」 私がカレンダー印刷してる間に 娘は謎の遊びを始めていました。#育児はなんじゃこりゃの連続 pic.twitter.com/0IPlJeWOEN — びす子@手抜き育児でも愛情たっぷり (@bisucosuco) January 5, 2019 #育児はなんじゃこりゃの連続 このタグ🏷で みなさんの体験談もお待ちしてますぞ。 写真1枚にこのタグのみでもok。 一緒にニヤニ ...

ReadMore

旦那に半日ワンオペ育児に挑戦してもらった!夫婦交代制のワンオペ育児とは?

毎日育児にお疲れのママたち。束の間の1人時間が出来た時、心から楽しめていますか?夫に子どもを任せることに罪悪感を感じていませんか?もしそうなら夫婦で「半日ワンオペ育児」という手段がありますよ。この記事では我が家が実践して上手くいっている「半日ワンオペ育児」のやり方やメリットなどをまとめてみました。

ReadMore

父親の育児参加、仕事で不在の時もできる!?「子どもがパパに懐かない」を回避したたった1つの方法

ワンオペ育児、大変ですよね。ママが1人で何もかもやるのには限界があるし、何より精神的にしんどい。本記事では、週7ワンオペ育児になってから見つけた「夫が家に不在でも育児参加できる方法」についてまとめています。まずは心のワンオペを脱出しましょう!

ReadMore

子どもの写真整理も手抜きできる!スマホアプリとハードディスクの併用でぐっと簡単に!

放っておくとどんどん溜まっていく子どもの写真データ。整理するのも一苦労ですよね。
でも、スマホアプリとハードディスクを併用すれば現像もデータ管理もスムーズにできるんです!
本記事では、時間もコストもかからない我が家の写真整理方法をご紹介します。

ReadMore

育児中にイライラしたら心の中で◯◯◯!びす子流アンガーマネジメント

最近たまに娘が私に向かって「ママ怒らないで」と言うように。 その言葉を聞いて、娘のことを思って言っていたはずなのにいつの間にか感情的になっていた自分に気付きました。 たしかに入り口は、娘のことを思って・・・だったはず。   なのに、喋り出したらイライラの感情が出てきてしまうのはなぜ? 娘に対する「もう!なんで●●するの?!」という私のセリフ。   これには ・▲▲すべきでしょ?! ・この前も言ったじゃない などの意味合いが含まれています。。 びす子自分が子どもだったらすごく嫌なセリフ・ ...

ReadMore

産後ケア事業・産後ケアサービスって知ってる?

先日呟いた内容に思った以上に反響がありました。 県内で絶大な人気を誇る産婦人科があるんだけど そこでは20年以上前に「出戻り母さん」という制度があったらしい。 産後の1ヶ月検診とかじゃなくて、 いつでもママと赤ちゃん遊びにおいでという、なんと泊付きの制度。 これで救われたママ、たくさんいたと思う。 この制度、今こそ欲しい。 — びす子@手抜き育児の母 (@bisucosuco) November 20, 2018 これは、 きっとママたちが産後ケアを熱望している現れ。   でも、実は産後ケアって ...

ReadMore

ワンオペ育児中インフルエンザにかかって地獄を見た!体調不良になる前に備えておくべきこととは?

子どもの体調不良時には病院に走ったり情報収集したりと出来ることがたくさんありますが、自分のことはつい後回しになりがちなママ自身が体調不良に陥ったら!?事前にこれを準備しておくと、いざという時楽だよ、というものを具体的にまとめてみました。

ReadMore

手抜き育児をすることでありのままの子どもを受け入れられるようになる

手抜き育児をすることが、子どもの自己肯定感向上に繋がるって本当?私の経験から断言します、本当です!

ReadMore

ママだって自分の時間が欲しいよね

ママだってもっと自分の自由な時間を楽しみたいですよね。育児中でも工夫をすることで、もっと自分の時間が生まれるかも?!私が実践していることをまとめてみました。

ReadMore

Sponsored Link

びす子の日常

マミートラックを批判しない。大切なのは選択できる環境

投稿日:2018-08-23 更新日:

f:id:mamablo:20181105164855p:plain

こんにちは、復職5ヶ月目のびす子です。

さて、タイトルにある「マミートラック」。

元々、仕事と育児の両立のための制度整備が始まった頃に、前向きな意味で生まれた言葉でした。

しかし現在では、“仕事と育児の両立はできるけど、昇進・昇格コースからは外されてしまう”というネガティブワードとして社会問題になっています。

びす子
でも、マミートラックって本当にネガティブ??

自分の経験を交えて、問題点について考えてみました。

 

Sponsored Link

マミートラックに乗りたくない女性

びす子
育休が終わりいざ復職!すると上司にこんなことを言われます。

「子どもとの時間を大切にしてね」
「無理しなくていいよ」

 

上司は配慮のつもりだったのでしょう。

復職した先は、バリバリ仕事をしていた頃のような業務ではなく、雑用ばかり。ルーティンが続く日々。

 

たしかに仕事は楽だし、その分子育てに注力できる。

でも・・・戦力外通告を受けた気分。

 

・保育園から呼び出しがあったらすぐ駆けつけなきゃいけない
・普段もお迎えがあるから残業はできない
・熱を出したら休まなければならない

 

私って・・・役に立たないのかな?

こうして働く意欲は低下していきます。

びす子
うーん、“マミートラック”でよく聞く話ですね。問題点はどこにあるのでしょう?

・この女性は、出来れば以前と変わらずバリバリ仕事をしたいと思っている

・でも上司は(良かれと思って)育児のしやすい働き方を勧める

・子どものことで以前よりは仕事に注力できないのは事実(ジレンマ)

 

Sponsored Link

マミートラックにあえて乗りたい女性

びす子
一方で、私の周りには“あえて”マミートラックを選択する女性がたくさんいます。

彼女たちがそういった選択をする理由の多くは「子どもとの時間を大切にしたい」というものです。

 

以前と同じ働き方だと、どうしても子育てが疎かになってしまうことを恐れ、自ら比較的業務が楽な部署を希望したり、時短勤務を希望します。

昇進・昇格は二の次です。

びす子
ただ、こうした状況になるのは、ワンオペ育児を余儀なくされているから、という場合が多いです。もし家族が育児に協力的だったら・・・どうなのかな?

・以前とは違う、子育て優先の働き方をあえて望んでいる女性も多くいる

・ただ、マミートラックに“乗らざるを得ない”状況に置かれている人も含まれている

 

私の場合はどうなのか

どちらかというと、子どもを産む前と変わらない業務内容(マミートラックには乗っていない状況?)です。

もちろん保育園のお迎えがあるので残業はできません。そのため、業務が重なるときは、朝時間外に出勤しています。(いまブログを書いている朝4時〜の自分時間が仕事時間に。)

 

それでも間に合わないときは休日出勤。

平日は夫が忙しいので、こういった対応で業務をさばくほかありません。

 

昇進・昇格できないことが嫌だ、というのではなく、子育てしながらどこまで出来るかやってみたいという気持ちが強かったので、現在の業務で復職を希望しました。

それを受け入れてくれた周りにも感謝しています。

 

働き方を選択できる環境がベスト

育児中は予測できないことがたくさん起こるので、仕事をする女性側も会社側も構えてしまうのは仕方ないことだと思います。

でも、自分の経験上、やってみなくちゃわからないことも多くあるので、大切なのは「育児中だから・・・」と双方が決めつけないこと。

 

一方で、前述したように、あえて育児を優先する働き方を望む人もいること。

こうしたことを踏まえると、働き方を女性の意思で選択できる環境が整備されることがベストなのであって、マミートラック自体が悪いわけではない気がします。(元々前向きな言葉だったし)

 

ただ、育児を優先しながら仕事をすることを希望している人の中に、ワンオペ育児など家族の強力を得ることが難しい人が含まれている(本当は仕事を優先したいと思っている)ことを考えると、そこは、また別の問題ですよね〜難しい。

 

本当の意味で、女性が柔軟な働き方が出来るようになるためには、育児と仕事の両立支援と、働きたい気持ちを尊重する活躍支援、どちらも必要ですね。

 

そして周りの理解も。

マミートラック、って検索すると「マミートラック  わがまま」って出てくるんですよね〜(笑)

 

当事者にならないと中々わからない部分もあるんだけど・・・そう思われないように(周りから理解が得られるように)、普段から“信用”を積み上げておくことも大切かなぁと思います。

さて、今日も仕事がんばろー!

Sponsored Link
Sponsored Link

-びす子の日常

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.