液体ミルクの温め方は?専用のミルクウォーマーが使いやすい!

更新日:

Sponsored Link

液体ミルク 温め方

スポンサーリンク

 

授乳時にとっても便利な液体ミルク。

常温で赤ちゃんに飲ませてOKなのですが

「うちの子、温めないと飲まないの...」

と悩んでいる方も多いのでは?

 

そんな方におすすめしたいのがミルク専用ウォーマー『mama*milk(ママミルク)』です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミルクウォーマー ママミルク mama milk 赤ちゃん 液体ミルク温め 哺乳...
価格:6540円(税込、送料無料) (2020/12/1時点)

楽天で購入

 

 

 

ミルクウォーマー『mama*milk(ママミルク)』とは?

液体ミルク 比較

2020年11月27日から販売がスタートした『mama*milk』

 

約35〜44度の飲み頃温度にキープしてくれるミルクウォーマーです。

液体ミルク 比較

寝る前にセットしておけば、夜間授乳時にもサッと飲ませることができます♪

 

さらに・・

液体ミルク 比較

シガーソケットや

 

液体ミルク 比較

モバイルバッテリーにも対応しているので

外出時や災害時にも便利!

 

 

Sponsored Link

ミルクウォーマー『mama*milk(ママミルク)』温め時間の目安

下記の温め時間目安は、付属の電源アダプターを使用した場合の時間です。(USBケーブルを使った場合は、これより時間がかかります)

①哺乳瓶・小(ガラス製):ミルク量100〜150ml

約15〜25分

 

 

②哺乳瓶・大(ガラス製):ミルク量150〜240ml

約20〜45分

 

 

③缶(スチール製):ミルク量240ml

約20〜35分

※液体ミルク『明治ほほえみ らくらくミルク』を想定

 

 

④紙パック:ミルク量125ml

約20〜30分

※液体ミルク『グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク』を想定

 

 

⑤哺乳瓶(プラスチック製/PPSU製):ミルク量100〜150ml

約30〜40分

 

びす子
①②⑤は粉ミルクでも対応可能です

 

 

Sponsored Link

ミルクウォーマー『mama*milk(ママミルク)』の注意点

  • 温めた後は、必ず授乳前にミルクの液温を確かめること
  • 保温時間は最長12時間だが、温めたミルクはできるだけ早く使い切ること(雑菌が増えるため)

 

ちなみに、液体ミルクを販売しているメーカーが『パッケージ(缶・パック)ごと温めるのはNG』といっている点について

不安に思っている方もいらっしゃると思うのですが、販売店の見解はこちらです。

↓↓↓

 

 

ミルクウォーマー『mama*milk(ママミルク)』の口コミ

まだ販売されたばかりなので使ってみた口コミは見つけられなかったのですが

 

冒頭のツイートがバズった際に印象的だったのが、パパママたちの引用RTの多いこと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

びす子
もはや通知をまったく追えないくらいの数になっていますが、授乳で苦労してきたパパママならではのコメントがズラーっと並んでいました!!

 

 

便利なアイテムで少しでも育児をラクに!

液体ミルク 比較

大変なことの多い育児中。

びす子
特に授乳の必要な乳幼児期は本当にしんどいですよね・・

こういった便利なアイテムを利用して少しでもラクになりますように!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミルクウォーマー ママミルク mama milk 赤ちゃん 液体ミルク温め 哺乳...
価格:6540円(税込、送料無料) (2020/12/1時点)

楽天で購入

 

 

この記事を書いた人

びす子(1児の母)

夫と娘の3人暮らし。
暮らしや子育ての中で「これいいな♪」と思ったことを中心に発信してます。
認定心理士・幼児食インストラクター資格保有。

2021年からはSHElikesでwebデザインの勉強中(シーメイト)

詳しいプロフィールはこちら

HOMEはこちら

▼こちらの記事もよく読まれています

-食事

error: Content is protected !!

© 2021 mamablo