子供がご飯を食べない!悩みを吹っ飛ばした5つの対応策

投稿日:2018-12-11 更新日:

Sponsored Link

f:id:mamablo:20181211171438p:plain

 

スポンサーリンク

 

毎日の子育て、お疲れ様です。

 

子供の食事作りって、色々悩み事が多いですよね。

 

幼児食は、離乳食から大人の食事へ移行する重要なステップ。

  • 将来大きくなった時に食事を楽しめる子に育ってほしい
  • だからこそこの時期を大切に過ごしたい

そんな思いはあっても、現実には次から次へと頭を悩ませる食の問題・・・。

 

うちの娘は、離乳食完了期までは少食、そして2歳過ぎ頃まではひどい偏食でした。

びす子
お友達がモリモリ何でも食べる姿を見て、何度落ち込んだことか。

 

「何でうちの子は食べないんだろう?」

「私の作り方が悪いのかな?」

と思っているママ、

 

断言します。

決してママが悪いわけではありません。

 

乳幼児期は気分や食欲にムラがあって当然なんです。

 

でも何かしたくて、いても立ってもいられないママの気持ちもわかります。

 

私も娘の食事の悩みを解決したくて幼児食インストラクターの資格を取ったほどです。

 

そんなママへ向けて、今回は偏食への具体的な対応策を、現役ママ+幼児食インストラクターの目線で書いてみました。

びす子
「こんなやり方もあるんだなぁ」くらいの軽い気持ちで読んでくださいね。

間違っても「これを実践して絶対食べさせるんだ!!!」と意気込まないでね。気楽にね!

 

スポンサーリンク

 

子供(幼児)が食事を食べない!心配なのはエネルギーが足りているかどうか

f:id:mamablo:20181211171038j:plain

我が子が少食や偏食などで、食事をとらないことに対してイライラしたこと、ありますか?

びす子
私は育休中、1日のうちで一番イライラしていたのが食事の時間だったよ

 

そこで一度冷静になって、なんでこんなにイライラするんだろう?と原因を考えてみました。

「こんなに食べないでお腹空かないかな?」

「食事足りてるのかな?」

「ちゃんと大きくなれるかな?」

 

そう、エネルギー量が足りているか心配なんです

 

というわけで、まず幼児期に必要な1日のエネルギー量を調べてみました。

f:id:mamablo:20180728064130j:plain

出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準2015年度版

 

具体的には・・

1~2歳児(男の子)の1日の食事量目安

朝食/230kcal

午前のおやつ/50kcal

昼食/285kcal

午後のおやつ/100kcal

夕食/285kcal

 

1食あたりのカロリーをみると、なんだそんなもんなんだ・・と思いませんか?

びす子
私はこれで肩の力が抜けたよ(笑)

 

その上で、私が実践した対応策はこちら。

 

Sponsored Link

子供(幼児)が食事を食べない!具体的な対応策とは?

対応策1:子どもが喜ぶ見た目にしてみる

まずは興味をひくことから。

  • 型抜きを使う
  • キャラクターの顔を書くなど

 

▼時間に余裕があるときは、不器用なりに見た目を気にしてみました

f:id:mamablo:20180728230525j:plain

 

特に型抜きは、割と簡単に見た目を変えられるのでおすすめ。

びす子
最近は100均に色んな種類の型抜きがあって便利

 

あとは、おにぎりの海苔をキャラクターものにしてみたり・・。

▼「のりあーと」にお世話になってます

 

いずれも、食事スタート時の子供のハードルを下げることを意識しました。

 

対応策2:苦手な食材は細かくしてこっそり混ぜる

王道の手法・・?

とにかくこっそり混ぜます。

 

我が家では主に、

  • カレー
  • 卵焼き
  • ハンバーグ
  • 味噌汁

が大活躍。

 

普段食べない野菜も口に運んでくれることが多かったです。

 

▼我が家の必需品ブレンダー

 

対応策3:調理の仕方を工夫してみる

嫌いというより、食べづらくて口から出してしまうこともあるので、そういう場合は調理を一工夫。

 

調理メモ

 葉野菜
繊維があって噛み切りにくい→繊維を断つように切る

 薄切り肉
繊維があって食べにくい→野菜を芯にして肉を巻きつける

 ひき肉
口の中でバラバラになりやすい→餡に絡める

 

実践してみたところ、同じ食材なのに調理方法を変えるだけで食べてくれた!ということがよくありました。

 

対応策3:一緒に調理してみる

一緒にキッチンに立つことで、食に興味がわくことも。

 

うちの娘はこれで劇的に食事量が増えました。(1歳9ヶ月でキッチンデビューしました)

 

いきなり調理させるのは難しいので、お水を張ったボウルで野菜を洗うなど遊びの延長で出来ることから始めました。

 

また、お気に入りのキャラクターエプロンを用意することで、スイッチが入る子も。

 

いずれも、子どもがなんとなく料理に興味を持ち始めたかなというタイミングで「やってみる?」と声掛けするのがポイント

 

そして、調理の最中は何の食材を使っているのか、食卓に料理を並べる時はさっきの食材が何に変身したのか、伝えてあげてください

びす子
きっと以前より食事に興味を持つようになってくれてるはず

 

対応策5:同じ栄養価のある食材に置き換える

最終手段、置き換えです!

 

無理強いすると、本格的にその食材が嫌いになってしまう可能性も・・・。

びす子
そういうときは、一時休戦!同じ栄養価のある他の食材で代用してみよう!

 

例えばピーマンが苦手なら、同じβカロテンを含むほうれん草やブロッコリーなどに置き換えます。

 

そうすることで、「何をしても食べてくれない・・・」という親側の気持ちもリセットできます

 

 

これらは、幼児食インストラクターの勉強をしている時に知りました。

 

「子供の食事についてもうちょっと調べてみたい!」という時は、食の知識を学べる講座を受講してみるのも手

びす子
私も勉強してだいぶ救われた・・知識が心の支えになってくれるよ

>>食育に関する資格講座を見てみる

 

Sponsored Link

子供(幼児)が食事を食べない!そんな時もあると割り切る気持ちも大切

f:id:mamablo:20181211171149j:plain

幼児期、特に離乳食期~幼児食前期は、1つの物を執着して食べたり、体調や気分にムラがあるので食べる量が一定しないものです

 

地域の保健師さんに相談した時「1週間である程度の量とバランスがとれていればOKと言ってもらえて、私もほっとしたのを覚えています。

 

なにより大切なのは

  • 食事を作る親が気負いすぎないこと
  • 笑顔で食卓を囲むこと

 

子どもの食事に悩んでいるママに向けて、ここまで対応策を書いてきましたが・・

  • 子どもはお腹が空けば食べる
  • いつか食べるようになる

と、楽観的になるのもいいんじゃないかなと思っています。

 

子どものために手を尽くそうとするのはママとしてとっても素晴らしいことだけど、それで育児が辛いと感じてしまうなら、そんなに頑張らなくても大丈夫!!

 

 



 

◆びす子からの無料プレゼント◆

家事に育児に忙しい・・

でも自分の時間も欲しい・・

そんなあなたのために!

日常の無駄を見直すための

【タスク管理術の資料+やることリスト】を作ってみました。

 

ぜひ活用してみてくださいね。

↓↓↓
【資料プレゼント】「ママのためのタスク管理術」を作ったよ!

続きを見る

 

Sponsored Link

-食事

error: Content is protected !!

Copyright© 子育て雑記ブログmamablo , 2019 All Rights Reserved.