イデコについて勉強してみてわかったメリット・デメリット!節税効果はどのくらいある?

投稿日:2018-09-03 更新日:

Sponsored Link

f:id:mamablo:20181103142407p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

iDeCo(イデコ)、ご存知ですか?

  • ニュースではよく聞くけど、自分の生活にどう関係あるのかよくわかってない
  • でも、やっておくとお得らしい・・?

 

イデコは簡単に言うと

『老後の資金』を自分で作るための制度。

びす子
最近、年金破綻のニュースで、聞く機会が増えたのでは?!

 

結論から言うと、普通に貯金するより圧倒的にiDeCoのほうがお得です。

  • 節税できる
  • お金を安全に増やすことができる

今回の記事では、そんなイデコについて、わかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

 

iDeCo(イデコ)ってなに?

お金

「個人型確定拠出年金(こじんがたかくていきょしゅつねんきん)」の愛称が「iDeCo(イデコ)」です。

 

冒頭にも書いたとおり『老後の資金』を自分で作るための制度。

びす子
運用次第で、将来受け取る年金額が変わります

 

「年金」と聞くと

  • 国民年金(全ての国民が加入)
  • 厚生年金(主に会社員が対象。国民年金に上乗せ。)

などが思い浮かびますよね。

 

これらは“公的年金”で、要件に該当する方全員が対象の年金制度です

 

これに対して、“私的年金”として、公的年金に上乗せできるのが、イデコなんです。

 

下図で言うと、『3階部分』を自分で作るってことですね。

f:id:mamablo:20180907050148p:plain

出典:厚生労働省 公的年金制度の概要

 

公的年金は、自分で増やすなどコントロールができません

そして何より、国の年金制度が破綻したらパーです。

 

イデコは、「そんな不安定な年金制度は心配だ・・」という人が、自分の老後のために自分で備えることができる制度なんですね。

びす子
最近の年金破綻のニュースを聞いていると、備えの必要性を強く感じますよね・・

 

 

具体的には、60歳まで毎月決まった金額を積み立てながら、その積立金で金融商品を運用し、資産を作っていくということをしていきます。

 

作った資産は、60歳以降に受け取ることができます。

 

 

Sponsored Link

iDeCo(イデコ)のココがお得!特に節税効果が高いのがメリット

お得

  • 老後の資金を自分で作るための制度ってことは分かったけど、他の資産運用(株や投資信託)とどう違うの?
  • iDeCoにすることで、どういう風にお得なの?

そんな疑問が浮かんできますよね。

 

結論から言うと、以下の点でイデコはとてもお得なんです。

  • 掛け金の全額が所得控除の対象(節税効果がすごい)
  • 運用中に得られた利益も全て非課税
  • 受け取る際には「一時金」か「年金型」または「その両方」から選択できる
  • 月額5,000円から始められる

 

1つずつ見ていきましょう。

 

掛け金の全額が所得控除の対象(節税効果がすごい)

毎月の積み立て金額が全額、所得控除の対象となるので、納める税金が少なく済みます。

f:id:mamablo:20180907053947p:plain

出典:iDeCoナビ

 

実際に税控除額が計算できるiDeCoナビで計算してみました。

 

例:年収500万円で掛け金10,000円の場合

f:id:mamablo:20180907054248p:plain

 

計算してみると、

f:id:mamablo:20180907054454p:plain

60歳までの累計が720,000円なので、60歳ー30歳=30年で割ると、年間24,000円節税効果があるということになります。

 

例えば、将来のために毎月10,000円貯金しているとしたら、通帳にはわずかな利息がつく程度で節税効果は0円です。

が、イデコにすると年間24,000円もお得ということです。

 

この節税効果がiDeCo最大のメリットと言われています。

 

 

運用中に得られた利益は非課税

通常、株や投資信託などの金融商品には一定の税金(20.315%)がかかります。

 

しかし、イデコの運用中に得られた利益には税金がかかりません。

 

非課税のままその利益をまた資産運用の資金に出来るので、大きな複利効果を生み出します。

びす子
ゆきだるましき!

 

 

受け取る際には「一時金」か「年金型」または「その両方」から選択できる

60歳を過ぎたら、これまで積立運用してきた資金が受け取れますが、その際に一時金(一括)か年金型(分割)か選ぶことができます。

 

しかも、どちらを選んでも、税金控除が受けられるんです。

  • 「一時金」の場合→退職所得控除
  • 「年金型」の場合→公的年金等控除

が適用されます。

 

どちらを選んだほうがお得か、というのは、ライフスタイルに合わせて考えるだけでなく、勤めている会社から退職金がどれくらい出るかということも大きく影響してくるのでそのことも考慮して選択すると良いようです。

 

▼この記事がわかりやすいです

money-lifehack.com

 

 

月額5,000円から始められる

資産運用と聞くと、大きなお金が必要な気がしますが、イデコは5,000円から始められます。

 

休止・再開はいつでも出来るので、老後のために毎月貯金しているなら、そのうちのいくらかをイデコにまわしてみてはいかがでしょうか。

 

 

なお、職業等によって積み立て出来る金額の上限が決まっているようなので、こちらのサイトで加入資格と共に確認してみてください。

www.dcnenkin.jp

 

 

Sponsored Link

iDeCo(イデコ)のココに注意(デメリット)

Bad

デメリットもあります。

それは、60歳まで資産を引き出せないこと

 

そして、休止・再開はOKですが、原則解約は認められていないのも特徴です

制度の趣旨からすると納得ですが、この点を注意をしておきましょう。

 

 

iDeCo(イデコ)ではどんな商品を選ぶのか

選ぶ

イデコがどんなものか分かってきたところで、どんな商品を選ぶのか?という話です。

 

運用商品は大きく分けて2つ、

元本確保型元本変動型です。

 

元本確保型

元本割れになることはないけど、大きく増えることはあまりない元本確保型。

具体的には、『預預金』や『保険』ですね。

 

野村総合研究所のiDeCoに関するアンケート調査結果(2016年10月実施)によると、34%の人がこの元本確保型を選ぶというデータが出ています。

びす子
絶対元本を減らしたくない!という方が多いんですね

 

 

元本変動型

元本確保型に対して、リスクは伴うけど資産は増やせる、という元本変動型。

具体的には、投資信託です。

 

先程のアンケートでは、元本変動型を選ぶ方は、14%でした。

 

 

どちらを選んだらいい?

運用商品選び、迷うところですが、実は、運用中に商品の種類を変えることが可能です。

 

ライフスタイルに合わせた内容で始めてみて、内容を変更したくなったら、手続きを行いましょう

 

 

iDeCo(イデコ)を始めるのにおすすめの証券会社は?

ネット

さて、いよいよiDeCoを始めよう!という段になったら、取り扱い金融商品や手数料などを比較して、自分に合う証券会社を選んでいきましょう。

 

が、どこの証券会社がいいのか、正直わかりづらいですよね・・。

 

私は、口座開設数の多い証券会社から選びました。

びす子
たくさんの人に選ばれているということで信頼できるので・・

 

口座開設数の多い証券会社はこちら(2018年調べ)

  1. SBI証券
  2. 松井証券
  3. マネックス証券
  4. 楽天証券

主な証券会社の手数料・取り扱う商品数(2019年現在)

初期費用
(加入・移管時の手数料)
口座管理料
(月額)
運営機関変更時の手数料 商品数
SBI証券 2,777円 164円 4,320円 75本
松井証券 2,777円 164円 4,320円 12本
マネックス証券 2,777円 164円 4,320円 25本
楽天証券 2,777円 164円 4,320円 32本

 

こう比較してみると、手数料はどこの証券会社も同じなんですね。

あとは、自分が運用したい商品がどこの証券会社にあるか、ということです。

 

 

私のおすすめは、ネット証券大手マネックス証券 

 

商品数が多いわけではないですが、低コスト商品を厳選しており、選びやすいラインナップになってるのが特徴です。

  • 信託報酬率が年0.15%未満のものなど、運用コストの低いものが揃っている
  • iDeCo専門スタッフが対応してくれるお問い合わせダイヤルは、土曜日も受付をしている
  • マネックスアドバイザーという専用のロボアドバイザーがプランを提案してくれる
  • 現在、iDeCoの申込み書類を請求すると全員にAmazonギフト券200円分をプレゼントするキャンペーンを実施中!

などサービスが充実。

 

特に、マネックスアドバイザーのサービスでは、年齢や投資経験、万が一の元本割れに対するリスク許容度など、簡単な5つの質問に答えるだけで、どの商品にどんな配分で積み立てればいいかを判定してくれるので、初心者にはありがたいサービスになっています。

 

 

ひとくちメモ

いずれの証券会社も、iDeCoを始めるには『資料請求』が必要です。

逆に言うと、いきなり口座開設ではなく、資料をよく読んで始められるので、スタートするハードルも低いですね

  1. SBI証券で資料請求する
  2. 松井証券で資料請求する
  3. マネックス証券で資料請求する
  4. 楽天証券で資料請求する

 

おわりに

Money

イデコは、毎月貯金をしているご家庭なら、1度考えてみて損はない制度だと思います。

びす子
貯金のいくらかをイデコにまわすとお得

 

ちなみに我が家は住宅ローン減税を受けているので、イデコの最大メリットである節税効果の恩恵が受けられないのかなぁと調べたところ、所得税で控除しきれない分を住民税で差し引きできる計算になりました。

びす子
家計について考える良いきっかけになりました!

 

自分で計算するのが難しいなぁという場合は、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談すると話が早いです

 

老後の備え、あると安心ですよね。

自分で賢くお金を運用していきましょう。

 

ideco・節税などについても気軽に相談できる /

今ならスタバのドリンクチケットが貰えます。

 

 

 

 

◆びす子からの無料プレゼント◆

家事に育児に忙しい・・

でも自分の時間も欲しい・・

そんなあなたのために!

日常の無駄を見直すための

【タスク管理術の資料+やることリスト】を作ってみました。

 

ぜひ活用してみてくださいね。

↓↓↓
【資料プレゼント】「ママのためのタスク管理術」を作ったよ!

続きを見る

 

Sponsored Link

-お金

error: Content is protected !!

Copyright© 子育て雑記ブログmamablo , 2019 All Rights Reserved.