忙しい女性必見!15秒「飲む」スキンケア

バスボムの作り方を調べるならこれを買お!手間と時間が省けてバスボム代も節約できる

投稿日:

Sponsored Link

バスボムラボ

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、1児の母、びす子です。

 

毎晩、3歳になる娘をお風呂へ誘導するのに苦戦しています

 

そんなとき頼りになるのが【バスボム】!

 

 

ただこれ、便利なんだけど、結構良いお値段しますよね・・

 

ということで、自作してみよう!と思う方も多いと思います。

 

今回の記事では

  • バスボムの作り方を知りたい
  • できれば簡単に作りたい
  • できれば手を汚さず・手早く作りたい
  • できれば子供と一緒に作りたい

 

そんな方にぴったりの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

バスボムを代替品で作ると・・

バスボムは基本的に「重曹」と「クエン酸」と「水」があれば作れます。

 

問題は、【型】なんですね

バスボムの作り方を検索すると、クッキーの型やおにぎりの型、他にもガチャガチャのカプセルを使って成形するケースが多く見られます。

たしかに、それで作れます。

 

作れますが!!

 

その場合、型に材料をどのくらい入れたらいいのか(ぎゅうぎゅうに詰めたほうがいいのか、詰め過ぎないほうがいいのか)調整が難しく、取り出すタイミングも間違えば、ぽろっと崩れてしまいます

 

時間がかかる上に、手やテーブルも汚れます。。

びす子
それが嫌で、以前バスボム作りを断念しました

 

 

小さい子がいるならなおさら!

なるべく簡単に&手早く周囲を汚さずに、作りたいですよね

 

そんな不器用でズボラな私が辿りついたのが、学研から発売されている「バスボムラボ」という商品でした。

 

Sponsored Link

バスボムを作るにはバスボム専用機械を使うのが一番

バスボムラボは、その名の通り、バスボムを作るための機械です。

たしかに100均にあるものや家にあるもので作ることに比べたら、最初にお金はかかります。(3000円くらい)

 

 

でも、労力と時間を考えると、断然バスボムラボを使ったほうが良い

ということで、バスボムラボを使って、バスボムを作ってみました。

 

Sponsored Link

バスボムラボはこんな商品

バスボムラボ

バスボムラボでは、直径約50mmのバスボムが作れます

 

箱の中には

  • 本体
  • 計量スプーン
  • スプレーボトル
  • 乾燥スタンド
  • レシピブック
  • 説明書

が入っています。

 

バスボムラボ
本体

 

バスボムラボ
計量スプーン

 

バスボムラボ
スプレーボトル

 

バスボムラボ
乾燥スタンド

 

バスボムラボ
レシピブック

 

バスボムラボ
説明書

 

 

バスボムラボを使ったバスボムの作り方

バスボムラボ

重曹とクエン酸を用意します。

 

それではレッツメイキング!

バスボムラボ

作り方はシンプルで、材料を入れる→振る→水をスプレーで吹きかける→振る→成型、です。

 

 

step
1
プレスバー(ピンクの長いバー)を引き上げ中央開口部を開けて、重曹(計量スプーン大2)とクエン酸(計量スプーン小4)入れる

バスボムラボ

びす子
いちいち「何g・・」って計らずにスプーンで入れるだけでいいのがラクだよ

 

step
2
振る(説明書には60回振るって書いてあるけどここは適度に振ってます)

▼振ってる娘

 

step
3
蓋を開けてスプレーを2回プッシュ、水を吹きかける

バスボムラボ

 

step
4
振る(説明書には100回振るって書いてあるけどここも適度に振ってます)

 

step
5
STEP3,4をあと2回繰り返す

 

step
6
マスコットを入れたい時はここで蓋を開けて入れる

バスボムラボ
今回はドラえもんを入れてみました

 

バスボムラボ
ドラえもんを入れたあとの状態

 

 

step
7
プレスバーを下げてそのままの状態で10分置く

バスボムラボ

 

step
8
バスボムを取り出す

バスボムラボ

 

step
9
乾燥スタンドにバスボムを置いて1時間程度乾燥させる

バスボムラボ

 

これで完成です。

 

娘も途中色々とお手伝いしてくれましたが、ここまで、手もテーブルも(娘も)ほとんど汚れていません

 

実作業時間は10分くらい、放置時間を含めると2時間弱くらいですね。

びす子
以前、家にあるもので作った時よりだいぶ楽でした

 

バスボムラボで作ったバスボムをお風呂に入れてみた

▼実際にお風呂に入れてみた動画がこちら

重曹とクエン酸の化学反応でシュワシュワ〜と良い弾け具合。

 

最後には無事マスコット(ドラえもん)も登場(笑)

 

 

子供も喜んでくれるし、市販のバスボムと比べて、余計なものが入ってないから安心です

 

 

また、市販のバスボムは400円前後しますが、今回の材料費は約75円で済みました(重曹1.05円/g・クエン酸1.17円/g、食品用のものを使用)。

その差約4倍以上!

びす子
これでかなりのバスボム代が節約できます

 

バスボムラボで作るバスボムはアレンジ無限大

今回は重曹とクエン酸だけで作りましたが、レシピブックには、食用色素やエッセンシャルオイルなどを入れた作り方も掲載されています。

 

それらを使えば、こんなにオシャレで可愛いバスボムも作れちゃいます。

バスボムラボ

バスボムラボ

 

自分でアレンジしながら作っている人も・・

 

 

 

 

 

まとめ

  • バスボムラボを使うと楽しくバスボムが作れる
  • 材料を入れる→振る→水をスプレーする→振る→成形するの簡単行程
  • 手が汚れない・作業時間が短い
  • 子供も一緒に参加できる
  • バスボム代が市販品の1/4で済む
  • アレンジ無限大

 

比較するとこんな感じですね。

市販のバスボム 完全自作の
バスボム
バスボムラボで
作ったバスボム
価格 ×
手間 ×
アレンジ ×

 

トータルで考えても、バスボムラボを使用するのが一番おすすめ

 

 

平日なかなか作る時間がないという場合は、週末にまとめて作るのもありですね♪

びす子
子供と一緒に作るのもいいし、子供が寝た後1人で作るのも・・・結構ハマります

 

▼公式動画はこちら

 

お風呂のイヤイヤにも効果てきめんです。

ぜひ作ってみてくださいね〜。

 

Sponsored Link

-育児グッズ

error: Content is protected !!

Copyright© mamablo , 2019 All Rights Reserved.